受付時間

健康工房たいよう整骨院 084-959-2093

お問い合わせはこちら

根本改善

スタッフブログ

坐骨神経痛を治せるのは手術以外ないのか?|福山市たいよう整骨院

坐骨神経痛を治せるのは手術以外ないのか?

こんにちは。

 

福山市の健康工房たいよう整骨院です。

 

今回は坐骨神経痛についてのお話です。坐骨神経痛は様々な原因で障害され、下肢に神経痛や痺れが出現するものになります。

 

坐骨神経痛でお悩みの方も多くいらっしゃると思いますが、改善するためには「手術」が本当に必要なのかどうか。そして手術をしない場合どのように坐骨神経痛を改善していくのかをまとめていきたいと思います。

 

ぜひ興味がある方はご覧になってください。

 

そもそも坐骨神経痛で何?

坐骨神経痛は「病名」ではなく「症状名」であり、お尻から太もも、ふくらはぎそして足先まで痛みが出現するものです。

 

坐骨神経は、坐骨を通りおしりの筋肉「梨状筋(りじょうきん)」を抜け足へ向かう末梢神経のひとつ。
末梢神経は脳と脊髄からなる中枢神経と体の各部を結び、体を自由に動かしたり、温度を感じたりする作用があります。

 

対応する椎骨のレベルは腰椎の4番と5番、そして仙椎の1番から3番です(L4~S3)

 

坐骨神経は末梢神経の中で一番太く、サイズはボールペンくらい、長さも1メートルと最も長いものになっています。

 

坐骨神経痛の方が痛みを訴える箇所は殿部から太ももの裏、そしてふくらはぎや足先まで痛み、痺れを訴えます。

神経は基本的に単純な圧迫には強い組織です。

少々圧迫していても症状を感じることは少ないですが、血流障害(酸素不足)や伸ばされすぎたり、神経のたわみがあると症状が出やすくなります。

 

したがって長時間の座位による殿筋の筋緊張、脊椎レベルでの障害(椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症)、骨盤周囲の歪みなどが原因で坐骨神経が障害され症状が現れます。

 

症状は神経痛や痺れ、筋力低下などです。症状の表現は個人により様々で「ビリビリ」「ピリピリ」「チクチク」「ジンジン」「ズキズキ」などと表現されることが多いです。

 

坐骨神経痛の改善方法。坐骨神経痛を治すには手術しかないのか?

まず結論から申し上げますと「手術しか治らないわけではありません」

 

まず坐骨神経痛は症状名で診断名ではないので、坐骨神経=○○病ということにはいきません。

問診や検査などで坐骨神経が障害されているところを特定していきます。ですので坐骨神経痛というだけでの手術はできません。

椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などに対しての手術になります。

 

では手術をしない治療法はどのようなものがあるかを説明していきます。健康工房たいよう整骨院においての治療法です。

治療法は①背骨・骨盤矯正、②物理療法、③運動療法、④その他に分けられます。

 

①背骨・骨盤矯正

アメリカのカイロプラクティック大学でも授業としてある「アクティベータメソッド」を使い脊椎骨盤矯正を行っていきます。

この方法は関節を単に動かすではなく、サブラクゼーション(神経生理学的機能異常)を取り除くのを目的として行っています。

サブラクゼーションは日常生活の癖など様々な原因で現れますが、このサブラクゼーションを放置しておくと痛み、可動域制限、内臓の健康、自律神経の乱れ、と様々な健康被害が出現します。このサブラクゼーションを取り除くことで、椎間板ヘルニアを始め様々な原因で起こる坐骨神経痛にも効果が現れます。

 

②物理療法

マッサージや温熱療法、電気治療についてです。主に硬くなりすぎている筋肉を緩めていくのと、血行を促すことにより症状を改善する方法です。

超音波やハイボルテージ(高電圧)の機械を使い、痛みや筋緊張を改善します。

 

③運動療法

体操やリハビリについてです。様々な原因で起こる坐骨神経痛ですが、どの疾患でも間違いなくあるのが筋力低下です。

体幹を支えるインナーマッスルが筋力低下になると正常な動きになりません。うまく動かなくても最初は問題なく別の筋肉を使い動かしていきます。最初はそれでもいいかもしれませんが、しだいに痛みに変わりさらには姿勢も変化してしまい背骨が変形することも。

できるだけ元の状態へ戻すことができるのが適切なリハビリです。

 

④その他

装具療法、テーピング療法、アイシングなどです。その中でも栄養指導は健康工房たいよう整骨院で力を入れているところです。

ヒトは食べる物で体を構成していきます。身体にストレスのかかる食べ物、食べ方をしていると改善方向になかなか向かっていきません。したがって栄養指導をしっかりと行い不健康から健康体へ、症状を改善しやすい身体に変化していきます。

 

 

このように坐骨神経痛でも様々な治療アプローチがあります。背骨の変形などは手術以外は改善することができませんが、背骨の変形で症状が現れている方は少ないです。

以前どこかの記事で、医者が選ぶ「医者がやりたくない手術に」脊柱管狭窄症が載っていました。手術での改善はごくわずかみたいですね。

最後になりますが坐骨神経痛はしっかりと手術以外の治療でほとんど改善していきますので、坐骨神経痛でお悩みの方は福山市の健康工房たいよう整骨院にご来院ください。

 

【福山市、健康工房たいよう整骨院】

住所:〒721-0963広島県福山市南手城町3-6-1

電話:084-959-2093

※平日20時、土曜日OK!

※駐車場10台完備、お車で安心してご来院いただけます!

※託児ルーム完備(平日の午前中のみ保育士在籍)

◆坐骨神経痛でお困りの方はコチラ!⇒https://taiyo-seikotsu.net/

◆健康工房たいよう整骨院の口コミ⇒https://goo.gl/maps/rUrCmwtf14P7pqG37

文責:この記事は厚生労働省認可の国家資格である柔道整復師の奥野充喜が監修しています。

出典:厚生労働省(柔道整復師国家試験の施行より)

お問い合わせ

健康工房たいよう整骨院

084-959-2093

運営会社
株式会社キュアライフ
代表番号
084-959-2093
住所
〒721-0963
広島県福山市南手城町3-6-1
代表施術者
奥野充喜
駐車場
専用駐車場10台あり
予約
お電話・ネットでのご予約が可能です。
休診日
日曜・祝日

受付時間

スポーツチーム紹介

  • 広島県リーグ1部所属

    広島県リーグ1部所属『BONOS』を公式スポンサーとして応援してます

  • リベルタサッカースクール

    『健康工房たいよう整骨院』はリベルタサッカースクールの公式スポンサーです