受付時間

健康工房たいよう整骨院 084-959-2093

お問い合わせはこちら

根本改善

スタッフブログ

症例報告 ☆自律神経失調症「仕事中に動悸がして、呼吸がしづらい症例」

症例報告 ☆自律神経失調症「仕事中に動悸がして、呼吸がしづらい症例」

症例報告シリーズ、今回のケースは「自律神経失調症」です。

 

今回のケースは、1ヵ月前の仕事中に動悸、息切れがし始め呼吸がしづらくなってしまった症例です。

 

朝にだるさが続いてしまったり、日によって症状の強さが違ったりしていました。

 

健康工房たいよう整骨院に来院される前に病院に行っており、病院の検査では特に問題はなくて自律神経の問題かな?と言われたそうです。

 

確かに、血液検査やその他の病院での検査は問題ないし、症状みても自律神経失調症のようでした。

 

その為、自律神経失調症に対する適切な施術を開始したところ、たちまちに症状が改善していきました。

 

そんな自律神経失調症をどのような過程を辿って改善していったかをまとめてみましたので、興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

問診(カウンセリング)

30代 男性

主訴

〇自覚症状:・動悸 ・呼吸困難 ・不安症 ・倦怠感

       仕事をしていると特に動悸、呼吸困難がひどくなる。

〇既往歴:・睡眠時無呼吸症候群(2年前から治療を続けている) 

施術

自律神経を改善するために必要な施術を行っていきます

・AMCT・・・背骨と骨盤を矯正することにより、姿勢を良くする。

・椎前神経節リリース・・・交感神経の興奮を抑える。

・脊椎ニーディング・・・背骨周辺の筋緊張を緩めることにより副交感神経を高める。

・クラニアル・・・脳はすべての神経の親玉。その脳の頭蓋骨を調整することにより改善を図る。

経過

最初の頃は1週間に1回程度の治療頻度で行うことにより悪い状態を改善していきます。

2回目 動悸は良好。 息が詰まる感じはある。 

3回目 動悸はほぼない。 息が詰まる感じは2日ほど良かったが、一昨日から息が詰まる感じはある。肋骨等のストレッチを行う。

4回目 少しの息の詰まる感じ。 寝起きがだるくなりやすい。 病院では検査等問題なく、心療内科に通うようになる。

5回目 全体的に良くはなっているが、完全に治ったわけではない。 食リスク分析を行い、食事(栄養)指導を行う。

6回目 全体的に良好。 息の詰まる感じはほぼほぼ無くなった。 仕事にも行けるようになりいい感じ。

7日目 3~4週間空けてご来院していただいた。 治療間隔を空けても良好であった。

 

やはり、自律神経失調症のため1回で完全回復とはいきませんでしたが、頑張って継続して治療を続けることにより、比較的早く改善していきました。

 

考察、まとめ

今回のケースは「自律神経失調」ということで施術を行っていきました。

 

自律神経失調症という病気は、交感神経と副交感神経の2つからなる自律神経が、何らかのストレスにより乱れ症状が出現します。

 

自律神経失調症の症状は多岐にわたります。

 

まず、自律神経失調症の症状を説明する前に自律神経の働きについて簡単に説明します。

自律神経は内臓や血管、心臓と身体のあらゆるところを支配しています。私たちが意識せずに内臓が動いてくれていることや、寝ているときも呼吸や心臓が動いてくれているのも自律神経の働きのおかげです。

 

今回の患者様の症状は、「動悸」「息切れ(呼吸困難)」「倦怠感(疲れやすくだるい)」が主に訴えている症状でした。

 

特に動悸は仕事中に強くなり、その後呼吸困難になってしまうことと、あと倦怠感は朝起きた時に強くて仕事にも行くのがつらい状態でした。

 

実際、当院に来院されたときは数週間仕事を休まれている状態でした。

 

 

以上の事をお伺いした結果、「自律神経失調症」という疾患が一番当てはまるだろうなと感じました。

 

自律神経失調症は、血液検査等様々な検査で何も問題なく、しかし動悸や呼吸困難など様々な症状を出現してしまう病気です。

 

◇自律神経失調症の症状(例)

〇頭痛

〇動悸

〇呼吸困難

〇過敏性腸症候群

〇めまい

〇不眠症

〇起立性調節障害

など

 

 

今回の患者様も、病院で検査をしてもらいましたが何も問題は見つからずにご来院され、自律神経失調症と判断し施術を開始しました。

 

骨盤、背骨の歪みが強かったのと、猫背であることがまずは問題であり矯正を行いました。

 

そして、交感神経が過敏になっているために自律神経が乱れているので、自律神経の調節を行いました。

 

動悸はこのような施術ですぐに改善していきましたが、呼吸のしづらさはまだ残っており、肋骨の広がりやすさを促すためのアプローチを加えていきました。

 

 

施術開始当初は、仕事も休んでおり、さすがに1回や2回で改善はしていきませんでしたが、続けて施術を行うことによって徐々に改善していき、仕事にも普段通りに行けるようになりました。

 

 

結果今回のケースは、仕事のストレスや日常生活の乱れによって交感神経が優位になり、自律神経が乱れて動悸や呼吸困難という症状を表しているのでしょう。

 

現在は何も問題なく仕事に復帰しているようです。

 

 

このように自律神経失調症でもしっかりと問題点を挙げ、それに対して適切な対処を行うことで改善していくようになります。

 

 

自律神経失調症でお悩みの方がいらっしゃいましたら、福山市の健康工房たいよう整骨院にご相談お待ちしております。

 

 

 

【福山市、健康工房たいよう整骨院】

住所:〒721-0963広島県福山市南手城町3-6-1

電話:084-959-2093

※平日20時、土曜日OK!

※駐車場10台完備、お車で安心してご来院いただけます!

※託児ルーム完備(平日の午前中のみ保育士在籍)

◆自律神経失調症でお困りの方はコチラ!⇒https://taiyo-seikotsu.net/

◆健康工房たいよう整骨院の口コミ⇒https://goo.gl/maps/rUrCmwtf14P7pqG37

文責:この記事は厚生労働省認可の国家資格である柔道整復師の奥野充喜が監修しています。

出典:厚生労働省(柔道整復師国家試験の施行より)

お問い合わせ

健康工房たいよう整骨院

084-959-2093

運営会社
株式会社キュアライフ
代表番号
084-959-2093
住所
〒721-0963
広島県福山市南手城町3-6-1
代表施術者
奥野充喜
駐車場
専用駐車場10台あり
予約
お電話・ネットでのご予約が可能です。
休診日
日曜・祝日

受付時間

スポーツチーム紹介

  • 広島県リーグ1部所属

    広島県リーグ1部所属『BONOS』を公式スポンサーとして応援してます

  • リベルタサッカースクール

    『健康工房たいよう整骨院』はリベルタサッカースクールの公式スポンサーです