受付時間

健康工房たいよう整骨院 084-959-2093

お問い合わせはこちら

根本改善

スタッフブログ

症例報告「仕事で手を使うと人さし指と中指に痺れが出現する症例」|福山市たいよう整骨院

症例報告「仕事で手を使うと人さし指と中指に痺れが出現する症例」

症例報告シリーズ、今回は「手根管症候群」です。

仕事はエステティシャンで手をよく使う仕事だということ。2日前から両手の人さし指と中指の先がピリピリと痺れたような感じがするのと、初期は震えもあったようです。

手根管症候群は指の痺れや痛みを訴えるのが主訴の疾患になります。手を使うことが多い人はなりやすいので、同じような悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

問診(カウンセリング)

20代女性 職業:エステティシャン

主訴

痺れ:右示指、右中指の指先。左示指、左中指の指先。右>左

既往歴

以前より肩こり、首こり。

検査

指先の感覚テストを行うと、示指と中指が他と比べ感覚が異常である。

チネル徴候(+)、パーフェクトOサイン(-)、ファーレンテスト(-)

施術

検査で分かったことをもとに必要な施術を行っていきます。

・AMCT
・屈筋支帯リリース

再検査

初回施術後再検査を行うと、指先の感覚異常はかなり少なくなり、痺れ感もかなり少なくなった様子でした。

その後、1週間に1回の施術を行うことにより。

2回目右手指、左手指症状緩和。左はほぼ症状を感じなかった。

3回目仕事をしていると症状を少し感じるが、肩こりの方が気になる。

4回目右手指痺れはほぼないが、薬指が突っ張る感じがした。

このように、痺れ感はほぼほぼ無くなり、エステティシャンの仕事で手を使うと少し症状が感じる程度になりました。

考察、まとめ

今回の手根管症候群のケースは軽度で、早く症状が緩和してくれました。手根管症候群の検査でファーレンテストというものがあり、このテストで陽性になるとかなり手根管症候群の可能性が高まりますが、今回は20代で好発年齢ではなくファーレンテストも陽性ではないことから手根管症候群の可能性は低かったですが、痺れの出る部位や手根管症候群の施術によって緩解したことから、軽度の手根管症候群として施術していきました。

可能性としてですが、同じ神経が2か所以上で圧迫されると二重圧壊現象と呼ばれる状態になります。この状態になると少しの神経圧迫でも痺れなどが出現しやすい状態になりますので、もしかすると今回のケースは仕事中の姿勢なども影響が首こり、肩こりとなって手根管症候群のリスクファクターになったかもしれません。

もともと仕事で手を使うことが多いため手の筋肉が突っ張る感じがありましたが、現在ではほぼほぼ主訴がなくなり、肩こりの施術に移行しています。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

このような症状でお悩みの方はぜひ、福山市の健康工房たいよう整骨院にご相談お待ちしております。

 

【福山市、健康工房たいよう整骨院】

住所:〒721-0963広島県福山市南手城町3-6-1

電話:084-959-2093

※平日20時、土曜日OK!

※駐車場8台完備、お車で安心してご来院いただけます!

※託児ルーム完備(月、水、金の午前中のみ保育士在籍)

◆手根管症候群でお困りの方はコチラ!⇒https://taiyo-seikotsu.net/

◆健康工房たいよう整骨院の口コミ⇒https://goo.gl/maps/rUrCmwtf14P7pqG37

文責:この記事は厚生労働省認可の国家資格である柔道整復師の奥野充喜が監修しています。

出典:厚生労働省(柔道整復師国家試験の施行より)

お問い合わせ

健康工房たいよう整骨院

084-959-2093

運営会社
株式会社キュアライフ
代表番号
084-959-2093
住所
〒721-0963
広島県福山市南手城町3-6-1
代表施術者
奥野充喜
駐車場
専用駐車場10台あり
予約
お電話・ネットでのご予約が可能です。
休診日
日曜・祝日

受付時間

スポーツチーム紹介

  • 広島県リーグ1部所属

    広島県リーグ1部所属『BONOS』を公式スポンサーとして応援してます

  • リベルタサッカースクール

    『健康工房たいよう整骨院』はリベルタサッカースクールの公式スポンサーです